秋の花粉症とは

花粉症は春をイメージする人も多いと思いますが、9月・10月ごろにも秋の花粉症があります。その原因となる秋に開花する植物の多くが、キク科のセイタカアワダチソウ、ブタクサ、ヨモギ、クワ科のカナムグラ、イラクサ科のイラクサといった各地に群生する雑草。

春の花粉症の原因となるスギなどに比べ、背が低いものが多いため、花粉の飛散数もそれほど多くなく、また期間も短いため症状が軽くて済むことが多いようです。

秋になって、くしゃみや鼻水、だるさを感じて風邪をひいたと思う方が多いと思うのですが、もしかすると、あなたの症状は秋の花粉症かもしれません。一度耳鼻科等の病院で診ていただくことをお勧めします。

秋の花粉症の症状・チェック

花粉症により、主に以下の症状などがみられることがあります。以下のような花粉症の症状がある場合には、一度医師による診察をおすすめします。

目の花粉症の症状

目のかゆみ
涙が出る
まぶたが腫れる
目の充血

鼻の花粉症の症状

鼻水がどんどん出てくる
鼻詰まりがひどい
くしゃみが何度も出る

この他にも花粉症により、頭痛、喉・のどの痛み、咳(せき)、イライラする、憂鬱になる、集中力が低下するなどの症状などがみられることがあります。

このような症状がある場合には、一度医師による診察をおすすめします。

●花粉症と風邪の見分け方のポイントは、目のかゆみ。

●花粉症でも風邪でもない!?寒暖差アレルギーによれば、寒暖差アレルギーと花粉症や風邪との見分け方は、寒暖差が激しい時期で、鼻炎の症状が出ていても目が充血したり目のかゆみがなく、かつ鼻水も透明な時です。

花粉症対策グッズ・サプリメント

花粉症対策グッズとしては、症状が軽い人ならば、マスク・メガネのような花粉症対策グッズと、自分に合ったサプリメントの摂取だけで、花粉症の症状の緩和が期待できると考えられます。

花粉症対策のサプリメントは毎年、数多くの商品が新しく発売されています。

乳酸菌やトマト、シソ、甜茶(てんちゃ)、ペパーミント、フキ、バラ、シジュウム、グァバ茶、凍頂烏龍茶(とうちょうウーロン茶)、べにふうき、キノコ、タラヨウなどに含まれる有効成分が現在注目されています。