花粉症の原因、症状と予防について

花粉症は、花粉やダニ、ハウスダストなどの異物が原因となって引き起こされるアレルギー性鼻炎の一つである、日常の生活の中で予防法がたくさんいます。減感作療法は花粉症の根治の療法として効果があります。

●粉症の症状
主な症状は、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。鼻づまりは血管を拡張することによって鼻にふたをするため、鼻水は入ってきた異物を外に 洗い流すためと、体を異物から守るために不快な症状を発生させています。つまり、花粉症の症状は、とても不快なものではありますが、私たちの体にとって重要な防御反応でもあるのです。それ以外にも眼や咽頭部のかゆみや異物感、流涙、頭痛、皮膚炎のような症状などさまざまな症状を示します。

●花粉症の原因
►スギ花粉の増加
昭和30年代、盛んに植林されたスギが成熟し、花粉を多く付けるようになったことに加え、その建築資材としての価値が下がり、手入れもされないまま放置されていることが、花粉の飛ぶ量が増えていることと関係しています。
►食生活の変化(高たんぱくの食事)
高タンパクの食生活は正常な免疫反応にとって大切ですが、逆に、アレルギー反応も高める結果となりました。
►大気汚染
車の排気ガス中の微粒子が原因となって、アレルギーを起こしやすくさせていることも考えられます。
►ストレス社会
アレルギー症状は自律神経と深く関わっているため、ストレスで自律神経の調節が乱れ、花粉症の症状も出やすくなります。

●花粉症の予防
花粉症は、アレルギー反応を起こすことで発症するものです。ここで、花粉から身を守る予防法をご紹介します。
►花粉症の症状が出る前に抗アレルギー薬を予防的に用いる。
►風の強い日は、外出を控える
►目・鼻・口から花粉の侵入を防ぐる
►服は、花粉がつきにくい素材のものを選び
►花粉は家に持ち込まない、帰ったら、手・顔を洗い、うがいをする
►テレビや新聞などの花粉飛散情報のチェックする
►窓や戸のむやみな開閉は避ける
►部屋をいつも掃除する。

花粉症をよく理解し、早めに対策をして予防します。